スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痴漢事件で男性に無罪=被害者証言の信用性否定-福岡簡裁(時事通信)

 スーパーで女性客3人の尻などを触ったとして、福岡県迷惑防止条例違反罪に問われた九州経済産業局職員の男性(36)に対し、福岡簡裁が「被害者の供述を信用することはできない」として無罪判決(求刑罰金30万円)を言い渡していたことが分かった。判決は22日付。
 男性は2007年7月14日午前1時20分ごろに、福岡市中央区のスーパーで買い物中の女性3人の尻など下半身をそれぞれ指で触ったとして現行犯逮捕された。捜査段階から一貫して容疑を否認していたが起訴され、公判では被害者証言の信用性が争点だった。 

【関連ニュース】
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い
「痴漢は絶対に許さない!」=警視総監らがチラシ配布
救急救命士、盗撮の疑いで逮捕=コンビニで女子高生に
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男

基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会
<普天間移設>沖縄知事、県民大会参加を正式表明(毎日新聞)
元マラソン選手の松野明美さん、熊本市議に(読売新聞)
全日空会員サイトに不正アクセス 知人のマイルで商品購入 会社社長を逮捕(産経新聞)
<赤城自然園>再オープン 閉鎖後、元社員が無給で手入れ(毎日新聞)
スポンサーサイト

足利工大付高野球部員が後輩に暴力 春季大会を辞退 栃木(産経新聞)

 栃木県足利市福富町の足利工業大付属高校の野球部で、3年生の部員4人が1年生部員に暴力をふるっていたことが23日、同校への取材で分かった。暴行を受けた部員は退部届を出しており、同校は野球部の活動を休止。24日から開幕する春季高校野球県大会への出場を辞退した。

 同校によると、19日午後8時すぎ、練習を終えた後、3年生部員2人が「練習中の態度が悪い」として1年生部員1人に殴ったりけったりしたほか、別の3年生部員2人も頭を小突くなどしたという。

 当時、3年生部員13人が練習に参加した1年生部員全員を集めて、練習態度について注意していた。監督やコーチはその場にいなかった。

 暴行を受けた部員は20日に退部届を提出。保護者が21日夜に担任教諭に連絡したことで暴行が発覚し、学校側は現場にいた3年生部員全員と1年生部員から事情を聴いたという。

 この部員は現在、背中や腰の痛みを訴えて学校を休んでいる。同校では「暴行があったことは誠に申し訳ない。暴行を加えた3年生は事実確認をして指導処分したい」としている。

 春季県大会の出場辞退を受けて、県高野連は試合日程を一部変更。岡村悦夫会長は「このような事態が起き、誠に残念。今後はさらに加盟校を指導していく」とコメントを出した。

【関連記事】
受け継がれていく“三沢魂” 後輩の思い届け、足利工大付高レスリング部
堀越高の球児ら“ファインプレー” 事後強盗未遂男を取り押さえ
キューバ代表元エースの息子、柳川高入学
高校球児との落差 プロ野球、大丈夫か?
高校野球で再確認した指導者像 リーダーシップが勝利のカギ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

研究センター、仕分け免れる=ウナギ完全養殖のおかげ? -刷新会議(時事通信)
日中韓外相、来月15日に会談へ=北の核問題など協議(時事通信)
裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見-宇都宮(時事通信)
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し(産経新聞)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)

内閣支持率3割切る フジテレビ世論調査(産経新聞)

 18日放送のフジテレビ番組「新報道2001」の世論調査で、鳩山内閣を「支持する」と答えたのは28・6%(前週比1・8ポイント減)となり、政権発足後初めて3割台を割り込んだ。昨年9月の発足当初は7割を超えた内閣支持率は急速に落下した。

 「支持しない」も62・4%(同0・2ポイント増)と高い水準が続いている。

 鳩山内閣の支持率は、今月に入り時事通信の調査で23・7%(前月比7・2ポイント減)、日本テレビが28・6%(同7・6ポイント減)など、軒並み20%台に低迷している。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題での首相の迷走や、値上げ区間が目立つ高速道路の新料金体系の発表などが影響しているとみられる。

【関連記事】
【甘口辛口】4月19日
「首相は外交も下手だし、詰めも甘い」社民・阿部氏
普天間移設 「勇気ない」「暗い顔…」平野氏批判相次ぐ 
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会
「みんなの党」が積極策 1人区にも候補者擁立
外国人地方参政権問題に一石

<山崎直子さん>宇宙で刻む家族の歴史(毎日新聞)
寛仁親王殿下が5月にトルコへ(産経新聞)
ローソンに3千万円要求の脅迫文 商品にカッター刃と関連か(産経新聞)
欧州の日本人も、成田の外国人もSOS(読売新聞)
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待-国際チーム(時事通信)

スイングしたら芝生に引火=ゴルフ場900平方メートル焼く-宮城(時事通信)

 10日午後1時20分ごろ、宮城県大和町のゴルフ場「ミヤヒル36ゴルフクラブ」から、コースの芝生が燃えていると119番があった。客がクラブを振った際に摩擦で引火したといい、約900平方メートルを焼き、約20分後に消し止められた。けが人はなかった。
 県警大和署によると、50代の会社役員の男性客がクラブを振ったところ、芝生に引火。男性らは自力で消そうとしたが、急速に燃え広がったため消防に通報したという。
 同署によると、現場付近では当時乾燥注意報が出ていた。 

【関連ニュース】
【特集】あの日あの時、石川遼
〔写真特集〕女子ゴルフ・横峯さくら
〔写真特集〕女子ゴルフ・竹村真琴、キンクミら期待の若手
〔写真特集〕男子ゴルフ タイガー・ウッズ
旧経営陣2人に18億円賠償命令=足利銀不正融資訴訟

逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も-兵庫県立大(時事通信)
大阪・天王寺で2人組ひったくり(産経新聞)
1Q84 「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
地元記帳台にファンら次々 井上ひさしさん葬儀(産経新聞)
<火災>灯油まきライターで火 62歳女性死亡 大阪(毎日新聞)

最長3年、「日雇い」是正=省庁勤務の非常勤職員-政府(時事通信)

 政府は10日、霞が関などの各省庁で補助的な仕事をする非常勤国家公務員の雇用形態について、1日ごとに更新を繰り返す不安定な現行の「日雇い」を今秋にも廃止し、原則1年間の任期付き雇用に改める方針を固めた。同一省庁で2回までの更新を認め、最長3年間働けるようにする。省庁によって運用がばらついていた健康診断も、常勤職員同様に必ず受けてもらう。
 総務省によると、2009年7月時点で各省庁に在籍する事務補助の非常勤職員は2万4255人。政府は1961年以来、非常勤職員が定員外であることを理由に日雇いとしていた。それを理由に突然雇用を打ち切られたケースはこれまでないとみられるが、労働組合が処遇改善を求めていた。 

【関連ニュース】
組合の「理解」前提=公務員の人件費削減
「政治家がばかでは国もたぬ」=公務員研修の訓示で鳩山首相
「同じ気持ちで協力を」=新人公務員研修で訓示
人件費削減「13年度に達成」=仙谷担当相が強調、公務員法案で論戦
鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす

4児死亡火災、火元は車内のライターと断定(読売新聞)
<海王丸>咸臨丸の航路たどる…サンフランシスコに向け出航(毎日新聞)
法人化後の国立大の施設管理業務、総合大学の改善率が低い傾向(医療介護CBニュース)
「現有11議席確保が党再建の証し」公明代表(読売新聞)
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ-国交省(時事通信)

「友人からもらった」大麻所持で中3女子逮捕(読売新聞)

 制服のポケットに乾燥大麻を隠し持っていたとして、兵庫県警須磨署が神戸市須磨区の市立中学3年の女子生徒(14)を大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕していたことがわかった。

 生徒は「最近、友人の神戸市内の女子中学生からもらった」と供述しており、同署は入手ルートを調べる。

 同署によると、生徒は2日、自宅で、制服のポケットに乾燥大麻約0・1グラムを所持した疑い。3日未明に逮捕された。「吸ったことはない」と使用は否定しているという。

 神戸市内では昨年12月~今年1月、長田、須磨両区の女子中学生4人が大麻を隠し持っていたとして逮捕、補導された。生徒は、この4人のうちの1人と知り合いだが、大麻をもらったのは、別の女子中学生からだと話しているという。

病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
<試験>飼い猫の名前や車のナンバー出題 福岡の私立高教諭(毎日新聞)
【話題の本】『考えない練習』小池龍之介著(産経新聞)
<マンガロード>石ノ森キャラ、新たに11体 サイボーグ全員そろう 宮城・石巻(毎日新聞)
鳩山首相、与謝野氏離党「自民党さんも大変だなあ」(産経新聞)

<足利事件>捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価(毎日新聞)

 警察庁は1日、足利事件の警察捜査についての検証報告書を公表した。冤罪(えんざい)を生んだ最大の問題点として、精度の低い当時のDNA型鑑定結果の過大評価を挙げ、誤った先入観を持った取り調べで菅家利和さん(63)を虚偽の自白に追い込んだと認めた。また供述や証拠を吟味して捜査の方向性を決める立場の捜査主任官が取調官を兼務する異例の態勢だったため、チェック機能が働かなかったことも明らかにした。

 警察庁は(1)特性に応じた取り調べ(2)供述の吟味--を明記して、現行の犯罪捜査規範を改正する。また、捜査本部事件で捜査主任官を補佐し、自白の信用性をチェックする専従担当を設けるよう都道府県警に指示する。

 報告書によると、当時のDNA型鑑定を使った場合の同一人物の出現頻度は1000人に1.2人で、当時主流だった血液型鑑定(10人に2.2人程度)と比べて精度が高かったため、鑑定結果を過大に評価した。逮捕までの約1年間の行動確認で小児性愛を裏付ける行動が確認できないなど、当初から犯人性を疑わせる要素はあったのに、鑑定結果に終始とらわれ続けた。

 暴行や供述の誘導は否定したが、菅家さんが取調官に迎合して供述した可能性への留意が欠けていたとも指摘。犯人でなければ一貫して自白するはずがないと思い込み、供述のあいまいさ、不自然さを時間の経過による忘却と安易に判断した。

 捜査指揮の点では、栃木県警捜査1課警部に捜査主任官と取調官を兼務させた点を問題視。正対して絞殺すれば首の前後につく跡が首の側面にあった▽犯行後立ち寄ったとされるスーパーに購入記録がない--など、自白の裏付けはほとんど取れなかったが、菅家さんや目撃者の記憶が劣化したためなどと判断、吟味が不十分だった。

 一方、DNA型鑑定は定められた手順で行われ失敗ではないと強調。そのうえで(1)ネガフィルムを紛失(2)プリントした画像解析結果の一部が不明--など鑑定記録の保管のずさんさを挙げ「十分な検証ができず、適切に行われたとまでは言えない」と結論づけた。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
足利事件:菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ
足利事件:「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で
足利事件:菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念
足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で
足利事件:「冤罪の構図」解明は? 26日に再審判決

警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず-「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
<水俣病>29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定(毎日新聞)
裁判長「誠に申し訳ない」、菅家さんに謝罪(読売新聞)
新型インフル対策総括会議の構成員を発表―厚労省(医療介護CBニュース)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。