スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<足利事件>捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価(毎日新聞)

 警察庁は1日、足利事件の警察捜査についての検証報告書を公表した。冤罪(えんざい)を生んだ最大の問題点として、精度の低い当時のDNA型鑑定結果の過大評価を挙げ、誤った先入観を持った取り調べで菅家利和さん(63)を虚偽の自白に追い込んだと認めた。また供述や証拠を吟味して捜査の方向性を決める立場の捜査主任官が取調官を兼務する異例の態勢だったため、チェック機能が働かなかったことも明らかにした。

 警察庁は(1)特性に応じた取り調べ(2)供述の吟味--を明記して、現行の犯罪捜査規範を改正する。また、捜査本部事件で捜査主任官を補佐し、自白の信用性をチェックする専従担当を設けるよう都道府県警に指示する。

 報告書によると、当時のDNA型鑑定を使った場合の同一人物の出現頻度は1000人に1.2人で、当時主流だった血液型鑑定(10人に2.2人程度)と比べて精度が高かったため、鑑定結果を過大に評価した。逮捕までの約1年間の行動確認で小児性愛を裏付ける行動が確認できないなど、当初から犯人性を疑わせる要素はあったのに、鑑定結果に終始とらわれ続けた。

 暴行や供述の誘導は否定したが、菅家さんが取調官に迎合して供述した可能性への留意が欠けていたとも指摘。犯人でなければ一貫して自白するはずがないと思い込み、供述のあいまいさ、不自然さを時間の経過による忘却と安易に判断した。

 捜査指揮の点では、栃木県警捜査1課警部に捜査主任官と取調官を兼務させた点を問題視。正対して絞殺すれば首の前後につく跡が首の側面にあった▽犯行後立ち寄ったとされるスーパーに購入記録がない--など、自白の裏付けはほとんど取れなかったが、菅家さんや目撃者の記憶が劣化したためなどと判断、吟味が不十分だった。

 一方、DNA型鑑定は定められた手順で行われ失敗ではないと強調。そのうえで(1)ネガフィルムを紛失(2)プリントした画像解析結果の一部が不明--など鑑定記録の保管のずさんさを挙げ「十分な検証ができず、適切に行われたとまでは言えない」と結論づけた。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
足利事件:菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ
足利事件:「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で
足利事件:菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念
足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で
足利事件:「冤罪の構図」解明は? 26日に再審判決

警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず-「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
<水俣病>29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定(毎日新聞)
裁判長「誠に申し訳ない」、菅家さんに謝罪(読売新聞)
新型インフル対策総括会議の構成員を発表―厚労省(医療介護CBニュース)

首相会見オープン化(産経新聞)

 産経新聞社など日本新聞協会加盟各社でつくる内閣記者会は24日、主催する鳩山由紀夫首相の記者会見にフリーランスやインターネットメディアの記者などの参加を認め、基本的にオープン化する方針を決めた。近く予定する平成22年度予算成立を受けた記者会見から実施する。

 首相官邸側の申し入れを受けた。これまでは原則として正会員104社と海外メディアなどオブザーバー会員79社の参加を認めていた。今後は(1)日本専門新聞協会会員社に所属(2)日本雑誌協会会員社に所属(3)外務省が発行する外国記者登録証保持者(4)日本インターネット報道協会法人会員社に所属(5)署名記事を提供し十分な活動実績・実態を有する-の、いずれかに該当すれば参加できる。

津波避難、8割超が3メートル以上=3分の2は行動起こさず-沿岸住民調査・静岡大(時事通信)
群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定(医療介護CBニュース)
<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)
<雑記帳>五輪銅の加藤選手が凱旋パレード 山形(毎日新聞)
ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ

女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)

 女性駅員に下半身を露出したとして、警視庁成城署は、公然わいせつの現行犯で、東京消防庁調布消防署の副士長、北丸直朋容疑者(34)=東京都渋谷区本町=を逮捕した。同署によると、北丸容疑者は逮捕時に「酒に酔っていて、覚えていない」と話していたという。

 逮捕容疑は、今月24日午後5時10分ごろ、世田谷区の京王線桜上水駅の窓口にいた女性駅員の前でズボンのチャックを下ろし、下半身を露出したとしている。

 東京消防庁によると、北丸容疑者は同日午前8時40分まで勤務していたという。同庁の湯浅達也広報課長は「詳細については確認中です。容疑が事実であれば大変遺憾であり、厳正に対処します」とコメントした。

【関連記事】
「忙しくて…」下半身露出のデリヘル経営者逮捕
ガラス越しに下半身見せる、容疑で自称税務署員を逮捕 福岡
逮捕後釈放の会社員飛び降り自殺 公然わいせつ容疑
池袋サンシャインシティで露出や強制わいせつ 容疑の男逮捕「9件やった」
NHK職員逮捕 公園で女性に下半身露出

16社が賃上げ回答=平均694円-連合調べ(時事通信)
<福岡性的暴行>英会話学校の米国人経営者を起訴(毎日新聞)
夫婦別姓法案「提出認めぬ」=亀井氏(時事通信)
普天間移設「われわれは楽観的」 米軍高官、現行案履行に言及(産経新聞)
神奈川労働局長、キセルで懲戒処分(産経新聞)

<雑記帳>謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)

 大分県別府市の名物B級グルメを日夜調査している謎の組織「とり天Bメン」と「冷麺団」が23日、おすすめの25店を食べ歩く「ビンゴラリー」を始めると発表した。

 二つの組織は、年齢、職業不詳の市民らで構成。ビンゴゲーム方式のスタンプ帳で1列分5店を制覇すると特製缶バッジ、全店制覇すると巨大な金の缶バッジをもらえる。

 別府の魅力は、複雑に入り組んだ路地裏と、そこに息づく温泉と飲食店の雑然としたにぎわい。好みの店に出会えたら、まさにビンゴ?! 【祝部幹雄】

龍馬の「婚約者」は美人、宇和島藩主のお墨付き(読売新聞)
密約文書紛失で調査委=有識者交え、実態解明(時事通信)
開星高教師、センバツ敗退の日に逮捕…女子トイレに侵入(スポーツ報知)
黒澤財団 無断で「理事」記載、3監督が苦情(産経新聞)
<坂田賞>毎日新聞の点字報道に(毎日新聞)

三笠宮さまが退院(時事通信)

 聖路加国際病院(東京都中央区)で17日に左目の白内障手術を受けた三笠宮さま(94)は18日午前、退院された。 

【日本人とこころ】白川静と出遊(下)一番好きな言葉は「遊」(産経新聞)
<新千歳空港>国際線ターミナルが26日開業(毎日新聞)
<国際協力銀行>先進国にも業務拡大 高速鉄道で意見募集(毎日新聞)
<訃報>中野寛孝さん90歳=アイカ工業元社長(毎日新聞)
長男の首絞めた母逮捕=意識不明、殺人未遂容疑で-岩手県警(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。